受け入れ体制

外国人の受け入れ体制

海外での人材確保

 アジア諸国のベトナム・モンゴル・ミャンマーを中心に、海外人材の発掘を行っています。海外現地の送り出し機関をはじめ、連携する学校・海外行政機関・コンサルティング会社と協力することにより、人材確保に取り組んでいます。1年以上の計画性ある人材教育(主に日本語)により、配属時に高いレベルで勤務開始できるご要望にも対応できる体制を整えています。

国内での人材確保

 既に国内に在留資格を持って、日本に滞在する海外人材についても、連携する学校・コンサルティング会社などと協力しながら、人材発掘に取り組んでいます。特定技能の制度がはじまったことで、国内で他業種からキャリアチェンジする人材発掘も期待できるようになりました。日本に馴染みある海外人材、日本語能力の高い海外人材、の採用に関しても可能性が高まっています。